私が研究でめざしたいところ

「普通」「みんな」とはどんな人で,何かということを最近考えることがある。特に健康心理学,ポジティブ心理学精神障害の分野でそう考えている。

「多数派」であり「生きづらさを抱えていない人」「精神科の病院にかかっていない人」が「普通」であり「健常」であり「みんな」であり,精神科の病院にかかり,何らかの精神的病気の診断がくだった人は,「特別な人」「かわいそうな人」「援助されるべき人」「少数派」とみなされてはいないか,ということである。

精神の病だと診断された人,あるいは精神科の病院・メンタルクリニックに通っている人は,「特別な人」「援助されるべき人」なのかというと,そうではないという気がする。

ポジティブ心理学では,精神症状と幸福感の2 軸で精神的健康を捉え,その組み合わせで人間の状態を4 つに分ける論がある(Keyes & Lopez, 2002)。こんな単純にざっくり分かれませんよという論もあるかもしれないが,これによると,人間は…私の解釈も加えるが

「完全な精神健康状態(精神的健康も良い,幸福感も高い,まぁこれが一般的に”理想的”なんだろうか)」,

「不完全な精神健康状態」(精神的健康は良いが幸福感は低い。内心こう思っている人がけっこう世の中多数派のような気がする。「精神科にかかるほどじゃないけど,なんか幸せじゃないな,あーあ」みたいな),

「不完全な精神障害状態」(精神科にかかって精神疾患の診断を受けているが幸福感は高い。精神科にかかっているけれど,それでも幸せだ,と),

「完全な精神障害状態」(精神科にかかって精神疾患の診断を受けている人で,幸せなんて感じられないよ。もうダメだ…人生の底だ…という人)

f:id:kyosz:20190217063756j:plain

で,「精神疾患と診断された人」「メンタルクリニックにかかっている人」は,みんな図の左側の「精神障害状態」で,「かわいそう」「援助してあげねば」「助けてあげたい」「判断力も鈍っているから健康な僕が○○してあげよう」というふうに「社会的弱者で何にもできない人」と思われているような気がする…のは私の思い込みすぎだろうか。

「精神健康状態」…メンタルクリニックにかかっていないし,精神疾患と診断されていない人が,みんな幸せかというと,そうでもない気がする。メンタルクリニックに行ってみようかな,でもしんどいわ,メンタルクリニックの敷居は高くて…予約もいっぱいだし…という人も多数いるように思う(精神的疾患やうつ病の認知度があがってきた昨今,各地の精神科,心療内科メンタルクリニックはどこも混み合っていて,初診の予約すらとりづらいし,ネットで評判の高いところは特にそうだというのは事実ですが,メンタルクリニックに行くことは別に恥ずかしくもなんともないとは思う私)。

私の研究は,究極的には「世の中に生きる人が,自分の強みを自分で見つけて,”ふつう”の状態から”より幸せ”に生きることができればいいな」というところを目指すものだが,もうちょっと細分化すると「つらいこととかしんどいこととかしんどい状態に直面すること,人,場合はあるけれど,それを財産にして,もとどおり”ふつう”の状態にもどるのではなくて,前よりもっと高い地平にいけないか」というもので,PTG(ポストトラウマティックグロース,心的外傷後成長)に少し近いところに関心があるかもしれない。

精神疾患状態の人は生きづらいけれど,それでも自己決定権はあるし,その人はその人として生きているし,精神疾患ならではの生きづらさしんどさはあるけれど,それは決して「援助される人」「助けてあげられるべき人」「かわいそうねと思われる人」ではない。その人達はその人達で生きているし,それなりにやっているし,下に見られたりあわれまれたりするものではないと思う。「精神疾患だからかわいそうでしょ」ではない。その人達はその人達の意見,人権,自己主張,幸せになる権利がある。助けてほしい場面は”ふつう”の人よりも多く出てくるかもしれないが,それは,そのぉ,一般的にそんなもんじゃないんだろうか。人は支えて支え合って生きているんじゃないだろうか。

ということで,来年度は精神疾患にある人を「精神症状を有していても幸福感が高い不完全な精神障害状態」に近づける介入方法を探るための基礎研究,をぼちぼちはじめたいなぁと思っていて,将来的には,精神症状をもつ人に対してポジティブ志向(私がずっと研究してきた概念)を高めるための臨床介入プログラムを開発するプログラムを開発したいなぁ,なんて思っている。

f:id:kyosz:20190217063442j:plain

 

2月半分過ぎた

2月は28日までしかない。気が付くと月の半分を過ぎていた。

育児と家事と雑多な用事に追われていると,どうしても先の先のこと,先の先の予定ばかり考えてしまい,季節感や季節の行事を失ってしまう。曜日感覚はあるが日付感覚がない,というか。

正月は息子の胃腸風邪であまり正月らしいことをせず,十日戎も通過し,節分は一応したけれど,バレンタインは忘れていた。まぁ息子はチョコレートが好きなので,ひとくちチョコレートで許してね。

明日は少し寒く,明後日からは少し暖かくなるようですね。日増しに季節はうつります,春へと。

小さい春を見つけにお散歩しにいきましょうか。

そういえば今日は晴れていたのにいきなりお昼くらいに曇ってきてあせりましたよ。ダッシュで洗濯物を取り込みました。

自分に余裕がないと,いろいろなところでがたがくることを知りました。自分が充実して健康で,自分の世界をもって,自分を大切にして,はじめて,いろいろなことがまわりはじめます。

ね。

早く早くって焦らなくても,先のことばかり考えなくても,「いま」を充実させることで,たいていのことはなんとかなります。今日洗濯しなくても,多少ごはんがいい加減でも,死にません。ゆっくりゆっくり。自分ペースで,自分の世界をふくらませていこうよ。

書評「南西の風やや強く」&鎌倉

 

南西の風やや強く

南西の風やや強く

 

 「親に言われるがまま,難関中学をめざし,勉強づけの日々を送っていた狩野伊吹。夏の夜,思いがけない出会いが伊吹をかえていくー」

とカバーに書いてあったので「あぁ,親に言われて,でも自分は受験したくなくて,受動的になって投げやりになっていた少年が,かけがえない何かとの出会いで自分を取り戻して,親の支配から逃れる話なのね」と思ったら,

違った。

↑初めて使った大文字(なんか,ブログみたい←あ,ブログか,これ)

いや,どう違ったかを書くと,ネタバレになるので書かないけれど,そんな単純でない話であったことは書いておく。そして「勉強勉強と言う親に反発する少年の話」ではないことも書いておく。

でもとてもいい話で,主人公の少年も,周りの人間も良い。悪い人が出てこない物語である。吉野万理子さんやられたー。

ところで,この話の舞台は鎌倉なのだが,鎌倉と言えば,先輩に「海街diary」をすすめられた。 

海街diary コミック 全9巻セット

海街diary コミック 全9巻セット

 

ところが,私は映画ノベライズ版の方を先に読んでしまった。

 

海街diary (小学館文庫)

海街diary (小学館文庫)

 

 

海街diary (小学館ジュニア文庫)
 

小説で読むとどうしても冒頭の写真のイメージに引っ張られてしまい,そして「舞台は別に鎌倉じゃなくてもいいんじゃないか…」という感じだったので,これからマンガ版を読む予定。予定は未定。

 

雪,ちらちら

今日は雪だった。寒かった。手が凍えそう。朝方だけ雪だったけど,その中買い物に行ってきた。少しかなしい買い物に。

午後は気分が悪かったので少し寝ていた。子どもは元気。外遊びしてたよ。すごいね。子どものパワーはすごい。我が子から力を得ている。

生きる力を子どもから得ている。自分の力でいろいろできるように。

私は,私。

2月保育参観

2月の保育参観に行ってきた(4歳児クラス(年中),縦割りクラス)

まず,園庭遊び。各ホームの3歳児クラスが何か親子遊びをしたあと,各ホームの4歳児クラスが親子遊び。「けいどろ」。子どもが警察で親がどろぼう。別に我が子が我が親をつかまえなくてもよかったらしい。おっとり歩いていたら,Eくんがにこにこしながら「つかまえた」と引っ張ってきた。あらら。

そのあと,1時間ほどお部屋遊び見学。途中ちょっと休憩していたが,我が子だけでなく全体を見るようにしていた。我が子はひたすら隅っこで車と積み木をしていたが,おでん屋さん,お医者さんごっこも展開されていた。本人に聞くと積み木で街やビルをつくっていたらしい。ごっこは遊びの頂点だと見ていておもった。ホームごとの交流もあったり,先生もお客さんとして入っていた。

11時から「サークルタイム」。お集まりの時間。出席確認,先生から一言など。今日のお当番の年長の子はむちゃくちゃ緊張してかたまっていた。「きょうはにがつここのか,てんきはくもりです,~くみさん,かぞえます。おやすみは~くんです」。それから先生から注意事項,連絡(子どもに)があって,年長組の給食当番の子が給食配膳。配膳完了次第給食。

11時半から12時まで懇談の予定が,最後に「保護者の方,最後なのでおひとりお一言ずつ,今日の感想やお子さんに困っていることなど…」と担任の先生がおっしゃったので,終わったのが12時40分くらいになっていた。

まず,年長組の子どもがきて,ひとりひとり母親の方をむいて抱っこしてすわって,お母さんに「子どものいいところ」「小学校に向けて」を言ってもらうということ。感極まって泣き出すお母さんもいて,先生がティッシュの箱を出したら,子どもたち同士で次々に「次のお母さんに」「次のお母さんに」と箱をまわしていって,子どもたちは気遣いができるなぁと感心した。うちはひとりっこなのだが,ひとりっこもきょうだいが要る子のおかあさんもみんな感極まっていらして,とくに三人きょうだいの真ん中の子は,お母さんが「いつも放ったらかしていてごめんね」と泣いておられた,かな。来年ホームの様子は,4月は順番を守らないとか「自分が」「自分が」だったのが,遊びを通してコミュニケーションができるようになり,トラブルもだいぶ減った。人に言わせることがまだある。「困ってるって先生に言ってきて」「けんかしてるどうしようもないって先生に言ってきて」と。たぶんそれは「失敗したらダメ」「困ってたらダメ」という自信のなさ。繰り返しの中でけんかになってもちょっと自分達で話してみようと言う方向で指導しているので,おうちのなかでも「できたらほめる」でなく経過をほめる。「できてなくてもやったことをほめる」「自信をつけさせる」ことを大事にしてください。

最近ホームの中で気になっているのは「いらつく」「きもい」「むかつく」などの言葉そして「嫌いって言われた,言った」→トラブル→集まりの時間で「こういう言葉で嫌な気持ちになった子がいますよ」ということになっている。この言葉を言われると,そこで「終わり」になってしまう。「きらい」で終わり,シャットアウト。「むかつく」で終わり,シャットアウト。だから「なぜ嫌いって言わなければ言わなかったのか」と担任は聞いている。なぜきもいのか,なぜ嫌いなのか。そうすると「話を聞いてくれなかったから」などと子どもがいう。すると「話を聞いてほしかったといえばいいじゃない」と言える。おうちでも注意してください,と。これには私自身家の中で「きらい」とか「むかつく」とか言ってるなと反省し,息子が「なぜきらいなの」「なぜ好きなの」と言う理由がわかった。ごめんね息子。

あと,母親の一言タイムではまぁみなさん同じようなことで悩んでおられた。話を聞かない,夜寝ない,母親のいうことをいちいちだめという,甘えて離れないので時間がかかる,協調性がない,人が嫌がることをする,繊細なのに怒りんぼう,チャレンジ精神旺盛で旺盛すぎて時間がかかる,マイペースすぎてのんびりすぎる,偏食,まじめすぎてちゃんとした場で固まってしまう,どこまで怒っていいかわからない,他者のお世話しすぎて自分のことをしていない,ご飯を食べ終わらない,片付けない,言葉遣いが悪い,などなど。どことも似たようなことで悩んでおられて,担任の先生の「まぁ,保育所とおうちとでは落差がありますよね」ということばで,懇談は締めとなった。

今回も有意義な参観・懇談でした。そして,保育所児の母親やって4年目でもう参観・懇談・保育所行事も何年目?って感じですが,いまだにどうやって,どういう顔で「保育所の母親」としての顔をすればいいかわからなかったりします。…普通にしてりゃいいのか。